もどる

    かけはし2019年5月20日号

安倍改憲を完全に打ち砕こう


輝け憲法!平和といのちと人権を!

闘えば私たちは確実に勝てる

5.3

総がかり集会に2万人

改元フィーバー・「祝賀」
ムードに惑わされるな


 【大阪】おおさか総がかり行動実行委員会主催の総がかり集会が五月三日、大阪市扇町公園で開催され、二万人(主催者発表)の市民が参加した。
 長野たかし&森川あやこのミニコンサートでオープニング。
 丹羽徹さん(大阪憲法会議)の主催者あいさつがあった。
 「五月三日憲法の日は法律で定められていて、そこには、日本国憲法の施行を記念し国の成長を期するとある。国の成長とは経済的なことだけではなく、平和や民主主義・人権の発展が含まれている。これらは、国民の不断の努力で誰もが知っている。一方で、この憲法を忌み嫌う人びとがいるのも事実。その代表格が安倍首相だ。安倍首相は、一七年の五月三日、憲法九条の改正を二〇二〇年までに施行すると表明した。自民党もこれに呼応し昨年三月に、九条・緊急事態条項など改憲条文をとりまとめている。衆議院の憲法調査会に改憲案の提示を目論んでいるが、憲法審査会はほとんど開催されていない。それでもなお、安倍首相は改憲への意欲を繰り返している。安倍政権になってからの政策は、貧困の格差拡大・社会保障制度の改悪・消費増税・保育、大学の欺瞞的無償化など国民への負担の押しつけ。それとは対照的にアメリカからの兵器爆買い。日本国憲法の示す方向とは反対を向いている」。
 「この一週間、改元フィーバーが演じられている。安倍首相は日本銀行券の改劵発表でマスコミを動員して祝賀ムードをつくりだしている。東京オリンピックと合わせ、新しいことには何かいいことがあるぞという雰囲気の中で、改憲のムードづくりが進む危険な状況にある。この夏には参議院選がある。改憲勢力が三分の二をしめないようにしなければいけない」と述べ、今日は安倍改憲を阻止することを確認する集会だと訴えた。

安倍政権の6年
間は失敗つづき
続いて、二宮厚美さん(神戸大学名誉教授)が「安倍政権の大失政の六年間」と題してゲストスピーチを行った。
「四月のダブル選挙の結果で、この集まりはしょぼいことになるのではと予想してきたが、幸い沢山の人が参加しているので、励まされた思いでここに立っている。時間が限られているので、三点に絞って話したい。第一点は、二年前の安倍改憲メッセージはほとんど挫折しつつある。このメッセージのポイントは、九条はそのまま残して、三項をつけるとか自衛隊を明記するとかの加憲による改正を二〇二〇年に施行すること。そのためにはこの国会で改憲発議をし、国民投票をしなければいけない。その発議はできるのか、九九%無理だ。野球でいえば九回の裏を迎えようとしているが、今のところ八対二で護憲派が勝っている」。
「二点目、改憲第一主義を貫くために宣伝してきたアベノミクス。これは今まで安倍政権の売りだったが、もはや売りではなくなって化けの皮がはがれつつある。アベノミクスで景気がよくなったと考える人は二割以下だ。なぜか。それはアベノミクスがアベコベだからだ。日本の景気が悪いのはデフレだからだと日銀はアベノミクスの一環として、デフレ対策のため国債の爆買いをしている。これはあべこべで、景気を良くしないとデフレはなくならない。国民の消費が低迷している。だから国民の所得を上げて消費を活性化しなければいけない。ところが安倍政権は一〇月から消費増税を準備している。それは消費を冷やすことだ。消費に回さない貯蓄は非課税で、消費に回す金に税金をかける。貯蓄を増やしたところで景気は良くならない。つまりアベコベノミクスになっている」。
「三点目は、外交の安倍といって原発のセールスに走り回ってきたが、イギリス、トルコ、リトアニア、ベトナムへの売り込みは全部破綻した。トランプ政権が発足してから、外交の主軸をトランプに対するおべっかに徹してきたからだ。これではトランプのペット、トランペットの安倍だ。国連では核兵器禁止条約の批准を目前に控えている。ところが安倍政権はトランプの意向を尊重して、これに反対している。外交の安倍も破綻しつつある」。
「九回裏まで八対二で護憲派が勝っている。これを何とか同点に持ち込んで延長戦に入りたい、これが安倍政権の現在の最大の狙いだと思う。同点とはどういうことか。安倍さんは勝つまでジャンケン主義だから、勝つまでやって、強引に改憲をやる。二〇二〇年を一年延期して二〇二一年に改憲をやる。もともと二〇二〇年改憲で死に支度に入るはずだった、それが改憲メッセージの意味だ。そのためには、この夏の参議院選で改憲派が三分の二以上をとることが絶対条件だ。野党共闘がこのまま進行して、一人区で統一候補を立てれば、この条件を打ち砕くことができる。そうすれば、安倍政権はつぶれる。この夏で世の中は大きく変わりうる。そうすれば、四月のダブル選のリベンジになる。この集会はその始まりの集会になるだろう」。

野党各党の代表
が決意を語る
立憲民主党大阪府連代表・辻元清美衆議院議員、「私は野党の国対委員長。衆議院の維新が自民党のお尻を押して、早く改憲に向かうように国会で議論を進めようとしているが、参議院の自民党は、憲法の改正を選挙の争点にしたくない。改憲の道に行ったら、選挙では通さないぞという運動を盛り上げることがおおきな歯止めになる。維新を除く全野党で安保法案の廃止法案を提出した。昨日は、野党六党の国対委員長が辺野古の海に出てきた。辺野古の埋め立てやめさせることでも一致している。政策の一致を持って、三二の一人区では必ず一本化することをお誓いする」。尾辻かな子衆議院議員、長尾秀樹衆議院議員、亀井倫子参議院選挙予定候補が同伴した。  
日本共産党副委員長山下よしき参議院議員、「防衛大臣が、一八歳になった若者の氏名・生年月日・性別・住所の名簿を提出するように自治体に要請している。いまは提出の義務はない。これをけしからんという安倍首相の方がけしからん。若者を戦場に行かせるような時代にすることは絶対に止めよう。総理が改憲の旗を振ること自体が憲法違反だ。三〇〇〇万人署名を集めよう」。清水ただし衆議院議員、辰巳コータロー参議院議員、宮本猛前衆議院議員が同伴した。
社民党副党首福島みずほ参議院議員、「総理に、憲法九条に明記する自衛隊の自衛権には集団的自衛権の行使が入りますねときいたら、そうだと答えた。九条に追加される自衛隊は、国土防衛とか災害救助の自衛隊ではない。世界で戦争し集団的自衛権の行使をする自衛隊の明記だ。この安倍九条改憲と闘っていこう。安倍政権、米国からの武器の爆買い七〇〇〇億円を超えている。組合に対する弾圧、水道の民営化、バクチ解禁法を成立させる安倍政権に退陣してもらおう」。服部良一元衆議院議員、大椿ゆう子参議院選全国区予定候補者が同伴した。

安次富浩さんが
連帯のあいさつ
各分野からのリレートークでは、吹田市「健康友の会あいかわ」会長・野間優子さん(核廃絶について)。辺野古ヘリ基地反対協共同代表・安次富浩さん(世継ぎではなく世直しを、維新大阪を変えよう)。高槻市工務店経営・増田孝博さん(消費増税絶対反対)、元大阪弁護士会会長・石田法子さん(女性が活躍するために)が、それぞれアピールをした。
集会は戦争をさせない一〇〇〇人委員会・米田彰男さんの閉会のあいさつで終了し、三方向へのデモに出発した。    (T・T) 

5.1

第90回日比谷メーデー

労働者の団結の力を
今こそ発揮する時だ

 五月一日、第90回日比谷メーデー式典が日比谷野外音楽堂を会場に同メーデー実行委員会主催の下に開催され、会場内外に主催者発表で六〇〇〇人の労働者が結集した。掲げられたスローガンは、メインとして「働くものの団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろう」、サブとして「9条改憲反対! 辺野古新基地建設反対! 安倍政権の退陣を!」「なくせ貧困・格差 8時間働けば暮らせる社会を!」「外国人労働者との連帯・共生を! 原発ゼロ社会の実現を!」。
主催者からは、このサブスローガンは代々木公園で併行して開催されていた第90回中央メーデーと同一、と報告された。また前年に続いて、両メーデー集会では、各実行委員会代表による連帯あいさつも相互に行われた。労働者の連携強化に向けた意気込みは着実に形になりつつある。
 同時にこの日のメーデーは、先のスローガン、集会の諸発言を貫いて、安倍政治を終わらせるための断固とした闘いへの決意が鮮明に示された行動になった。そしてそれは、会場全体でのインターナショナル斉唱による集会開始として、まず刻印された。
 この進行は、メーデーがそもそも、八時間労働制実現をめざす労働者の世界的統一行動として、また何よりも、同じ要求でストライキに決起したシカゴの労働者を虐殺した支配階級に対する、世界の労働者による連帯した反撃の回答として始まったことにまさにふさわしいものだったが、今年特にこの運びとなったことは、自ずと参加者にもう一つの意味を感じさせるものだった。天皇即位式典との対抗であり、この点でも集会は、新元号キャンペーンと合わせて祝賀気分盛り上げを狙った安倍政権に対する、徹底した対決への決意をアピールする形で幕を開けた。

弱者切り捨て
を許さない!
発言は鎌田博一国労東京地本委員長による主催者あいさつから始まった。そこで鎌田さんは、九条改憲の旗ふり、辺野古新基地建設強行、原発推進、雇用・生活破壊のアベノミクスなど、安倍政権の暴虐を指摘しつつ、安倍政権との徹底した闘いが今年のテーマと提起、広範な連携をつくりあげ壮大な闘いで安倍政権を退陣に追い込もう、参院選で平和・民主勢力を拡大しよう、と訴えた。
次いで西川晋司都労連委員長、第90回中央メーデー実行委員会の野村幸裕さんが連帯あいさつ。西川さんは、安倍政権の本質は弱者切り捨て、と指弾し、安倍を追い詰め民主主義を取り戻し、すべての労働者が人間らしく生きられる共生社会をめざそう、と呼びかけた。また野村さんは、安倍による新しい時代の連呼を、貧困、格差を放置して何が新しい時代かと厳しく批判、安倍政権反対の労働者と市民団体の連帯が着実に進んでいることを指摘しつつ、連帯の意義をあらためて確認し団結と共闘を強めようと力説した。福島みずほ社民党参院議員も来賓として発言し、特に九条改憲阻止を呼びかけた。

非正規・外国人
労働者の決意
さらに闘いの最前線から四人が決意表明に立った。まず全国一般東京労組メトロセルビス分会の森田信子さんが、非正規労働者の労組結成と、組合攻撃を創意工夫ではね返しつつ一定の成果を勝ち取っている闘いを報告、闘う仲間と連帯することの意義を確認しつつ、それをさらに訴えていくと決意を述べた。
外国人労働者の立場からは全国一般東京南部のオリヴィエ・フィリップさん。ビザの関係で外国人労働者は弱い立場にあると指摘し、使い捨てさせない闘いの必要を訴えると共に、労働組合には対抗権力としての意味があると強調、その力を強化しなければならないと呼びかけた。
5・3集会実行委員会から菱山南帆子さんも発言。まず私たちは天皇の臣民ではないことを確認しよう、と呼びかけ、その上で沖縄の人々との連帯を本腰でつくり上げること、そして安倍九条改憲阻止に向け5・3集会を成功させること、を訴えた。
四人目として全日建関西生コン支部の坂田冬樹さんが、同支部にかけられている不当な弾圧の現状を報告すると共に、それが労働組合そのものを否定するものであり、すべての社会運動に重大な影響を与える、とその危険性を指摘、広範な連帯による反撃を共につくる必要を力説した。
集会は最後に、これらの発言全体を確認するものとして「人間としての生きる権利を確立し、平和で民主的な社会を創るために、安倍政権を打倒しましょう」とする、第90回日比谷メーデー・アピールを全体の拍手で採択し、団結ガンバロー三唱後直ちに二コースのデモに移行、沿道に労働者の闘う決意を高らかにアピールした。なおこのメーデー集会には、京都地域メーデー、大阪中之島メーデー、韓国の民主労総からメッセージが寄せられ、その中から京都地域メーデーのメッセージが読み上げられた。      (神谷)  


もどる

Back