もどる

    かけはし2017.年6月19日号

辺野古埋め立てをやめろ


6.10

国会包囲行動に1万8000人

共謀罪廃案の闘いと合流

私たちは決して諦めない

 六月一〇日、国会周辺(正門前、首相官邸前、衆参議員会館前)で「止めよう!辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に! 6・10国会大包囲」が行われ、一万八〇〇〇人が参加した。包囲行動は、基地の県内移設に反対する県民会議、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の主催、共謀罪NO!実行委員会の協賛で取り組まれた。沖縄・辺野古キャンプ・シュワブ前では国会包囲に合わせて午前中、集会が行われ一八〇〇人が参加した。

東アジアの平和
共にかちとろう
主催者あいさつが野平晋作さん(「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実)から行われ、「今なぜ共謀罪と辺野古埋立てに同時に反対するのか。長期勾留を強いられていた山城博治さんによるとゲート前にブロックを積み上げたことに対する起訴状の中には、共謀という言葉が何度も出てきたそうだ。検察の尋問では、誰と共謀したのか明らかにせよと繰り返し迫られたそうだ。五月二六日、キャンプ・シュワブ前で座り込みの準備を始めましょうと、集まっている人々に声をかけた仲間が、その場で機動隊員に抱えられ、身柄が拘束された。こうした沖縄の状況は、共謀罪の先取りだ。すでに沖縄は、戦争する国の最前線だ。今、起こっている人権侵害を許さない。法的正当性を与えないという思いで共謀罪法案を廃案に追い込もう」。
「四月二五日、日本政府は辺野古の埋め立て区域を囲む護岸工事に着手した。美しい海を殺す暴挙を許してはならない。翁長雄志沖縄県知事は、六月七日、沖縄防衛局が県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めるのは県漁業調整規則違反だとして工事を差し止める訴訟を起こすことを発表した。日本政府は、私たちが諦めないことを一番恐れている。決して屈しない、勝つまで諦めない、沖縄の闘いに連帯して共に頑張ろう」と訴えた。
高田健さん(総がかり行動実)は、「安倍政権の暴走政治が続いている。共謀罪が強行採決されようとしている。安倍は、国政を私物化し、取り巻きのための政治を行っている。日米安保体制の下でトランプ政権に追随する安倍は、北東アジアの戦争の危機に対して無能力だ。朝鮮半島の危機をなんとしてでも回避することだ。そのために平和的な協議を行うことだが、安倍政権は対応できていない。韓国の民衆は、パク独裁政権を倒すことによって北東アジアの危機をなんとか平和的に回避していく道を選択した。韓国の民衆に学びながら、東アジアの平和を実現するために全国の闘いを盛り上げていこう。来週は山場だ。国会を包囲していこう」と発言。

1070日と
なった座り込み
大城悟さん(県民会議事務局長)は、「二〇一四年七月から辺野古の座り込みは、一〇七〇日目になる。沖縄の地方自治、民主主義を否定する安倍政権を許してはならない。先週から防衛局の工事は強行的になってきた。大型ダンプ、トレーラーが一日で一五〇台で資材を入れる状況になっている。不当な拘束は一時間から二時間だ。だが敗北するわけにはいかない。現場の行動によっておかしい政治を変えていこう。翁長知事も新たな決意で工事差止め訴訟に踏み切る。沖縄の平和を私たちの団結で作り上げよう」とアピールした。
稲嶺進さん(名護市長、オール沖縄会議共同代表)は、「安倍政権による司法・立法・行政の総がかりで襲いかかってくる無謀な行為に負けず、頑張っています。抗議をしている市民は非暴力だ。権力は暴力で排除し、けが人が出ている。市民の安全を守るために働くはずの警察・機動隊が、逆に負傷者を出している。共謀罪が成立すると、全国民を対象に監視される社会になり、われわれは反対の意志さえ示させない社会となってしまう。昔、翼賛政治があったが、今、三分の二以上の議席を持っているからと憲法改悪、法律も自由に捻じ曲げて都合のいいように解釈するのが安倍政権だ」。
「沖縄県民の意思は無視するのに、米には従順だ。嘉手納飛行場の海軍駐機場が民家のそばにあるために日本がカネを出して一月に移転した。しかしその駐機場をまた使いだした。これは日米合同委員会の合意違反だ。ところが昨日、稲田防相は、合意していないと言い出し、使わない駐機場を返せとも言わない。米に意見を言えず、密約があったのかもしれない。国民の生命・財産を守らないのが日本政府だ。戦後七二年も虐げられた中で生活し、闘う方法を知っている。勝つまで絶対諦めない」と発言。

弾圧はね返し
基地のない島を
続いて発言は、海渡雄一さん(共謀罪NO!実行委員会)、近藤昭一衆院議員(民進党)、笠井亮衆院議員(共産党)、糸数慶子参議院議員(沖縄の風)、西谷 修さん(安全保障関連法に反対する学者の会)、湯浅一郎さん(辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会)、篠田博之さん(日本ペンクラブ)、安田浩一さん(ジャーナリスト)、沖縄への偏見をあおる放送を許さない市民有志、警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会、沖縄連帯の取り組みを行っている関東の仲間たちがアピール。
安次富浩さん(ヘリ基地反対協議会)は、「安倍政権と真っ向で対決しているのは沖縄だ。原発事故は福島だけではなく、あちこちで起きる。全国の皆で闘わなければならない。沖縄のように非暴力の抵抗運動、不服従の闘いで民主主義を発展させよう。翁長知事、稲嶺名護市長を支え、どんな弾圧があろうともはねかえしていこう。オール沖縄を全国に展開していこう」と訴えた。
最後に参加者は、国会に向けて様々な横断幕、プラカード、旗を掲げ、シュプレヒコールを行った。(Y)

5.30

石垣島への自衛隊配備反対


現地からの報告会開催

市民連絡会を結成

 五月三〇日午後六時半から、東京・中野商工会館会議室で「石垣島の自衛隊配備に反対する 5・30 現地からの報告会」が沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックが主催して行われた。五月三一日、防衛省に対して、石垣島への自衛隊配備反対の署名を提出するためにやってきた石垣島の人たちの意見を聞くために急きょ開かれた。

積み重ねられ
る既成事実化
上原秀政さん(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会共同代表、内科医・八重山地区医師会、会長)と藤井幸子さん(「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」事務局)が石垣島での闘いを報告した。
上原さんは父親の中国戦線に従軍した経験、沖縄戦、自衛隊配備について、思いを語った。藤井幸子さんが反対運動の実情を報告した。
「三月三〇日、一万一五
七一筆、第二回一万三五六
一筆の自衛隊配備反対の署名を提出してきた。個人参加の住民組織、石垣島への自衛隊配備を止める住民の会を立ち上げて反対してきた。二〇一五年、防衛省が警備とミサイル部隊五〇〇〜六〇〇人の配備計画を明らかにした。島のどこにもいらないということで、三地区の公民館が反対決議をした。議会に対して、配備反対の陳情や請願をしたが否決された。本会議では与党の配備を求める案も、与党が分裂し否決された。昨年九月石垣島市議会で、自衛隊の配備を求める決議が採択された。この時、二〇〇人で抗議集会・デモを行った。おばあたちの会、女性団体、労組などが集まり、市民連絡会ができ、共同してやっていくことになった」。
「二〇一六年一〇月二八日、公開討論会がやられた。七〇〇人が参加した。アンケートをとり、三〇〇人が回答。反対四六%、賛成二七%、その他二九%。基地反対は広がっている。月一回のアピール行動をやっている。市長が情報を出してこない。四つの地域で反対決議を出している。昨年一二月二一日、市長は菅官房長官と会い、一二月二六日、受け入れ表明した。四月一四日早朝六時半から市有地の調査を隠れて行った」。
「五月一七日、若宮防衛副大臣が施設配備案を初めて持ってきた。住民がまったく説明されていなかった訓練場・弾薬庫が数多く配置されていることが分かった。反対派の土地はほとんどはずし、賛成派のゴルフ場、市有地だ。測量の予算もつき、既成事実化が積み重ねられている。来年の二月、市長選がある。市長は争点にしたくない。その前にどんどん進めたがっている。止めるための行動をしたい。全国と連帯し、石垣のことは石垣市民が決める」。

ねばり強い対話
を続けることで
赤嶺政賢さん(共産党、衆院議員)が連帯のあいさつをした後、山口京子さん(与那国島「イソバの会」共同代表)が自衛隊配備後の与那国島について報告した。
「自衛隊が配備され一年が経った。八月六日、町長選がある。議長と町長が分裂している。反対派はものを言いずらくなり、運動もなくなったり弱くなっている。自衛隊員が一六〇人入ってきているがひょっとしたら勝てるかもしれない。候補者を立てなければならない。八個ある公民館に自衛隊員が一五人ずつ配置されている。役員などには参加していないが祭りなどに参加してくる。過疎化が進み担う人が少ないなかでのことだ。住民の自治が弱体化している」。
「国民保護法によって、敵の捕虜になる、どういうふうに逃げるのかの訓練が行われる。何の考えなく、軍が配備されることが怖い。与那国島の監視部隊配備はミサイル部隊の石垣島・宮古島で止められればつながらない」。
東京在住の石垣出身者の発言の後、質疑が行われた。石垣島に作られた白保空港(新石垣空港)反対運動との関係や無関心の人にどう運動を広げていくかなど、熱心なやりとりがあった。「推進派の旗が畑にあるが、反対派は個人の家に掲げている。その旗が増えている。粘り強い対話で説得していくしかない」と藤井さんが答えた。      (M)

上原秀政さんの報告

軍隊は人を救わない

過去の教訓から学ぼう


内科医を三六年やっている。二〇一〇年、海上保安庁の嘱託医をやっている時、尖閣列島付近で、逮捕された中国人漁船員を診察したことがある。その後、国外追放になった。これは民主党政権時のパフォーマンスだ。二〇一二年、石原都知事が尖閣を都として購入した。その後、国が国有化した。尖閣問題をこじらせ、あえて戦争に向かっているようだ。
父親が日中戦争に従軍した。一九三七年一二月南京占領、三八年七月に従軍した。日本軍は調達と言って、中国の住民の食料を奪ったり、虐殺した。大きな石で殴り殺した。目に焼きついている。兵隊はひどいことをするものだと話してくれた。中国脅威論を言うが自分たちのやったことを反省していない。米軍が沖縄に上陸すれば、女は犯され、男は奴隷にされる。絶対に捕虜になるなと命令された。これは日中戦争の時、日本兵がやったことだ。従軍慰安婦問題も同じだ。
石垣島は芸能が盛んだ。踊りの島。軍隊は絶対に似合わない。自衛隊配備が二年前に明らかになり、反対組織を結成した。「いやだ」、武器、軍事、危険なものが来ては困る。今は海保が警備している。中国も同じだ。それが自衛隊が配備されれば、中国も軍艦を配備するだろう。
一九三七年の盧溝橋事件は、運命の一発と言って一発の銃声から始まり泥沼の戦争へ。軍隊はドンパチやって初めて仕事をしたことになる。尖閣の火種・発火装置をなぜ置くのか。失敗を肥やしとして新しい国際社会を作っていく。石垣島は亜熱帯気候で、自然が豊かだ。二万七〇〇〇年前の旧石器人の骨が見つかった。生物多様性に恵まれ、天体観測もできる。学術の島であっていい。島を守りたい。
五月一七日、ハリス米太平洋司令官が与那国島の自衛隊基地を視察した。いわゆる第一列島線を防衛するということだ。南西諸島の空白を埋めるという。本当に中国が攻めてくるのか。七五歳以上の人はマラリアの怖さを知っている。沖縄戦で強制疎開にあい、マラリアにかかって死んだ。米軍に包囲され、物資が入ってこない。日本兵が入ってきて食料がない。それでマラリアにかかった。滑走路が三つ作られ、三月二六日特攻隊が最初の攻撃を行い一〇人死んだ。その後一〇回程飛び、三一人が死んだ。その内、石垣・沖縄県人は五人。軍神ではなく、戦争の犠牲者だ。本当にかわいそう。事実を忘れてはいけない。知れば知るほど、自衛隊配備を止めなければならない。(文責編集部、発言要旨)


もどる

Back