もどる

    かけはし2020年11月9日号

民主主義を求めるタイ民衆に連帯するアジア地域左翼の共同声明




 学生が主導する民主主義的抗議運動の波は、二月以降タイ全土に広がった。タイの学生たちは、以前の「赤シャツ」運動や、「黄色いシャツ」運動から離反した新しい世代をも結集させており、@プラユット体制の解任と新しい自由で公正な選挙の実施A民主主義的憲法改正B王室を法の支配の下に置き、その特権を縮小し、異論を抑え込むための過酷で権威主義的な法の適用に終止符を打つことを求めている。
 元軍人で現首相のプラユット・チャンオチャは一〇月一五日に「厳しい」国家非常事態を宣言し、五人以上の会合、ニュースその他のメディアや電子情報で、恐怖や意図的な歪められた情報を流し、国家の安全や平和、秩序への誤解をもたらす行為を禁止する、とした。
 この宣言にしたがって、抗議活動の参加者を暴力的に散りじりにさせるために警察と軍が派遣されることになる。一〇月一三日の夕刻、民主派の活動家が貧困地域の北部からバンコクに到着し、道路の隅に一時的なテントを設置した。警察は、これらのシェルターを引き裂き,約二〇人が逮捕された。さらに警察は一〇月一五日の夜明け前に襲撃をかけ、政府関係のビルの近くにいた抗議行動参加者を追い散らした。
 幾人かのリーダーたちが逮捕され、さらなる弾圧への深刻な恐れが生じている。
 われわれはタイでの抗議行動に連帯し、以下のことを要求する。

1 緊急事態令をただちに解除し、民衆の抗議の権利を尊重せよ。
2 民主主義運動の活動家とすべての政治犯をただちに釈放せよ。
3 軍事支配を終わらせ、民主主義的運動のために自由で公正な選挙を。
4 民主主義的憲法改正を
5 封建的権力の廃止、異論を沈黙させる「大逆罪」などの弾圧法規を廃止せよ。

PLM(フィリピン)
マレーシア社会党
南北イニシアティブ(マレーシア)
セデイン労働資料センター(マレーシア)
勤労人民党(インドネシア)
社会主義連盟(オーストラリア)
カリャ・ウツマユニオン連合(インドネシア)
インド共産党(ML)解放
BMP(労働者の連帯 フィリピン)
サンラカス(フィリピン)
PRD(インドネシア)
SPERBUPAS(インドネシア)
インドネシア・フォー・グローバル・ジャスティス
LNN(フィリピン)
社会主義オルタナティブ(オーストラリア)
ハルーク・ハリク運動(人民の権利運動)(フィリピン)
ユバライ・チャンラゲイン(ネパール共産党中央委員)
国境なき運動(香港)
パキスタン農民調整委員会
平和・非武装・共通の安全保障運動(米国)
ハインツ・ビエルバウム(欧州左翼党党首)
フィンランド・アジア人社会
香港労働組合連合(KCTU)
平和をめざすミャンマー青年連盟
ラディカル社会主義者(イタリア)
日本革命的共産主義者同盟(JRCL)
メディア従業員労組連合(スリランカ)
ナバサマサマジャ党(NSSP スリランカ)
アフリカの足跡イニシアティブ(AFI タンザニア)
革命的社会主義者同盟(ケニア)
革命的学生戦線(パキスタン)
ジャム・カシミール全国学生連合(JKNSF)
パキスタン労働組合防衛キャンペーン(パキスタン)
国境なき欧州連帯



もどる

Back