もどる

    かけはし2020年4月13日号

コロナ事態と一緒に浮上した社会主義論争




社会主義じゃいけないのか?

キム・テヨン 代表

 コロナ19の確定者が増加して、マスク不足と売店売り惜しみが横行するなどの問題が大きくなると、政府が公的マスク供給と5枚制限の実施などで需給に介入した。すると保守言論などは「社会主義国家配給制(<世界日報>、<すっかり経済> )」、「社会主義式継ぎ接ぎ処方(<韓国経済> )」、「最悪の社会主義(<MBN> )」、「ムン・ジェイン社会主義(<東亜日報> )」云々し一斉に攻撃した。これらはマスク不足の原因がさながら社会主義政策のためのものだと報道した。<韓国経済>のように財閥を露骨に代弁するメディアは、企業などに誘因策を与えることを注文することによって、彼らの本音を隠さなかった。政府の公的マスク需給政策に対するこのような「社会主義」の烙印を押す攻撃は、過去に無償医療や無償教育など普遍的福祉政策、不動産投機抑制のための土地公概念政策などについても示されたことがある。
 しかし、今回は、このような攻撃に対応する他の声も聞こえ始めたという点で違いがある。ムン・ジェイン政権の防衛に熱心なユ・シミンが「現状況で配給制(5枚制限)以外に他の代案がない」と主張したが、最近彼と争っているチン・ジュングォンは「マスク5枚制限は、市場の失敗による社会主義的国家介入」と言った。政府関係者としてはキム・サンジョ大統領府政策室長が3月6日メディアのインタビューで、マスクの公的需給政策と関連して、「社会主義計画経済がなぜ成功するのが困難なのか痛感する」と言った。
 保守言論の「社会主義」攻撃に対応する与党陣営の関係者らの立場を要約すると、資本主義市場原理には、マスク需給の問題を解決することができないので、仕方なく国家が介入して、社会主義的な方法を使用してということだ。これらが社会主義を擁護するということは決してないが、マスクの公的需給政策に社会主義的性格が内包されていることを否定できず、その原因として、資本主義市場原理の限界を指摘している点は注目に値する。

今認めることは認めよ

 コロナ事態で資本主義市場原理をそのまま適用するとどうなるのか。資本主義は利益のために帰するシステムだ。利益のための行動がそのまま善になる社会だ。企業が利益のために価格を上げても、価格をさらに上げるために生産量を調節して、在庫を築いても、資本主義市場原理の下では問題になることはない。
しかし、コロナ事態のような危機局面で、社会の構成員の生命と安全が脅かされる状況では、利益中心の資本主義市場原理は、善ではなく、悪である。資本主義的価値と方式ではなく、社会主義的価値と方式が善である。
数年前のMERS事態でも、韓国社会は似たような経験をしている。MERS事態の前に韓国の医療部門は、営利化・市場化などの新自由主義攻撃を受けた。公共病院の砦である地方医療院が閉鎖されるところまでいった。しかし、MERS事態が勃発するや否や伝染病の拡散を防ぐことができる陰圧病室を備えていたのはサムスン医療院などの利益中心の民間大型病院ではなく、地方医療院であることが明らかになった。医療部門で社会主義の価値と方式の真価が確認されたのである。
資本主義原理が幅を利かせる韓国社会でも社会主義的原理と方式があちこちで作動している。ただ残念なのは、そのような社会主義的原理と方式が資本主義のシステムの補助的手段にとどまっているという点である。しかし、今、韓国社会でも認めることは認めていこう。社会主義的原理と解決策は、悪ではなく、善である。

社会主義的原理と方法が必要なのはコロナ事態だけか

 ムン・ジェイン政権のマスク5枚制限が施行された日の3月9日、韓国馬事会のムン・ジュンウォン烈士の葬儀が行われた。烈士の棺を運ぶ行列が釜山に到着すると馬事会は合意を覆す人面獣心(人でなし)の行動をもう一度表わした。ムン・ジュンウォン烈士が命を失った釜山競馬場は「先進競馬」という名前の資本主義市場の論理で7人の非正規労働者を殺したところである。コロナ事態が国民の命と健康を脅かすことと同様に、韓国馬事会事態は労働者を次々と死に追いやっている。労働者を殺す利益中心の「先進競馬」を廃棄し、公共性に基づく名実ともに公共機関に再編しなければならない。これが非正規労働者たちを死に追いやっている馬事会事態を解決するための社会主義的原理と方式である。
そもそもそれだけか?一日に7人、1年に2千人以上の労働者が働いて死んでいる。このような状況は、コロナ事態よりもはるかに深刻な事態だ。資本の利益のための外注化と非正規職化がこの事態の核心原因だ。利益のための資本主義の競争原理の下では根本的解決策を見つけることができない。危険の外注化の禁止と正規職化は資本主義的価値と方式ではなく、社会主義的価値と方式だけが解決することができる。社会主義大衆化を開始する社会変革労働者党は3月4日の声明を通して、「マスク社会主義」の正当性を主張した。今世の中の真の進歩を求めるのならば、一緒に声をあげよう。
社会主義じゃ、いけないのか?
Why Not Socialism?
(社会変革労働者党「変革と政治」102号より)

 



もどる

Back