もどる

    かけはし2020年9月7日号

資本と少数者のための国家ではなく労働者民衆の国家を


変革党が提供する韓国社会再編戦略(最終回)

社会変革労働者党・政策委員会

民主共和国は虚構、
少数の支配勢力が権力を独占する政治

 大韓民国は民主共和国を標榜するが、少数の支配勢力が政治権力を独占しているのが現実である。立法府は巨大ブルジョア政党が独占し、資本と既得権層の請負立法機関の役割をしている。行政府もブルジョア政党と保守的官僚層によって徹底的に掌握されている。「遺伝無罪・不全有罪」という言葉が象徴するように、司法機関も拘束・起訴・判決で階級偏向性をさらけ出す。資本と持つ者はいくら不法を犯しても処罰されておらず、労働者と民衆の抵抗は、司法部の鉄槌を受ける。警察も闘う労働者民衆に過酷な弾圧を日常的に実施する。公権力の行使は、階級に応じて不均等に適用されるが、特に社会的弱者により厳しい。

限界が明らかブルジョア議会政治

 ブルジョア議会政治の最大の問題は、労働者民衆が直接政治に参加して政策を決定する権限は剥奪されたまま、少数の権力者や資本家の私的利益を政策決定にそっくり反映するという点である。また、一部の政党が政治を独占し、選挙は権力(官職)を獲得し、これらの者たちが作成した政策を公式的に正当化する機能をはたす。
つまりブルジョア議会政治は、少数の支配層による政治権力の独占として帰結され、労働者民衆が政治を広げる空間を狭める。「政治=選挙」という方法を通じて、「選挙をめぐる論争や投票行為」に政治を制限する。少数支配層が掌握した議会は、様々な反労働・反民生・反生態法案を作成し、労働者民衆の人間らしい生活を破壊する。

抑圧的国家機構と悪法で基本権を侵害

 韓国の支配階級は、国家情報院・ 検察・ 警察などの権力機構はもちろん、行政機関まで動員して、労働者民衆を統制・ 抑制する。この国家機構はカルテルを形成し、ほんの少し前まで、大統領選挙介入、従北狩り、スパイ事件操作、統合進歩党解散、パク・ナンギ農民死亡事件などを積極的に主導した。また、すべての労働者の労働組合権と教師・公務員の政治活動の自由も抑圧している。
政権が変わっても、これらの機構の暴力的・ 抑圧的な性格は全く変わらない。これらの地位と役割を裏付ける国家保安法のような悪法は良心・思想・学問・言論・出版・集会・結社・政治活動の自由を深刻に侵害している。韓国の政治は民主主義を実現するための基本的権利すら保証していない。

労働者民衆の政治活動の自由を抑圧する政党法と選挙法

 現行の政党法と選挙法は、支配勢力と巨大政党に有利に作られていて、彼らに政治活動の自由を保障しながら、既得権を徹底的に享受できるよう保証する。憲法によると、政党設立は自由であり、結社に対する許可は認定されなければならない。ところが、政党法はそうではない。政党法上の政党は、一定の要件を備え選挙管理委員会に登録すれば認定を受けることができる。この規定によると、中央党は、首都に置かなければならず、5つ以上の市・道党が必要であり、各市・道党ごと1000人以上の党員がなければならない。これは巨大保守政党にだけ政党活動を容認するものであり、地域政党や進歩的政党運動をさまたげることであり、結社の自由という憲法の原則にも反するものである。
選挙法も問題が多い。比例代表の候補者の遊説禁止、お金のある人(勢力)だけが候補に出ることができる候補寄託金制度、小選挙区制などは、保守既得権政治を維持する基盤となっている。2019年の改正選挙法で選挙年齢が満19歳から満18歳に変わったが、多くの青少年の政治活動への参与は、依然として妨げられている。

韓国民主主義が虚構なのは、階級社会だからだ

 韓国で民主主義が機能していないのは、この社会が階級として分断された社会だからである。支配階級の最上階にいる財閥(資本)は強大な経済力を通して、政界と国家機構、学術・言論界・ 文化界まで掌握している。保守政党と政府の高位官僚層、文化・ 教育・ 言論権力層も財閥(資本)と政治的・ 経済的利害関係で絡んで階級構造を維持・強化する。したがって階級構造を打破しない限り、民主主義は、憲法上の文句として残るしかない。真の民主共和国は、階級構造の打破を通して可能だ。
「資本と少数者のための国家」から「労働者民衆の国家」に転換するために、社会変革労働者党は、次のように提案する。

変革党の提案1
少数支配層の政治から労働者民衆の民主主義政治への転換

 真の民主共和国は、階級がなくなる時に可能である。多数である労働者民衆が政治の主人になる真の民主共和国の下では、資本の利害を守護する政治が終わって平等と連帯の原理ですべての構成員が人間らしい生活を享受する政治が行われるだろう。
平等と連帯の原理の実現は韓国に限らず、全世界で展開されなければならない。すべての搾取―収奪―抑圧―戦争の危機を生む帝国主義に反対し、全世界が平和―互恵―平等な関係を結ばなければならない。韓国資本の第3世界の労働者民衆に対する搾取と収奪が終わり、韓国政府が米帝国主義の侵略同盟に下位パートナーとして参与することを終える。あちこちで自分の権利と解放―平等のために闘争する全世界の労働者民衆の闘争と積極的に連帯する。

変革党の提案2
国家保安法などの悪法撤廃で民主的諸権利の全面保証

 労働者民衆の民主主義政治を実現するには、政治活動のための諸権利を勝ち取らなければならない。労働者民衆の闘争で勝ち取ってきたすべての民主的権利を死守し、これをさらに拡張する。現在自由が保証されていない言論・出版・集会・結社・表現・思想の自由を全面的に保証するために悪法中の悪法である国家保安法を撤廃する。労働三権をすべての労働者に保証し、教師・公務員の政治活動に対する制約を撤廃する。
支配勢力の公安統治に活用されたり、労働者民衆の政治活動を妨げる暴圧的国家機構である国家情報院・軍事安保支援司令部・保安捜査隊など暴圧機構も解体しなければならない。科学技術を活用した資本と国家権力の監視・統制をなくして、オン―オフラインによるすべての検閲と査察を廃止する。
少数の既得権政党だけが有利であり、労働者民衆の政治活動を妨げる政党法 ―選挙法を改正する。政党登録条件、寄託金制度、比例代表遊説禁止のような悪法条項を廃止し、労働者民衆の政治活動に有利な方向に政党法 - 選挙法を改正する。選挙年齢を16歳に下げて青少年参政権を保証する。

変革党の提案3
主要公職者の選出・リコール権など直接民主主義の強化

 議会政治の限界を打破して、国家機構の権力乱用と横暴を防ぐために、直接民主主義を強化する。そのためにまず、主要公職者の直接選出とリコール制を強化する。警察・検察・裁判所など高位公職者(国家機関長)を直接選出し、現在の地方自治団体の長に限られているリコール制の対象を大統領・国会議員・国家機関長に拡大する。
第二に、国民発議制を導入する。例えば総有権者1%の署名を受ければ法案を上程する権利を付与することで、国会の発議権独占構造を解体する。
第三に、検察の起訴独占主義を打破する。もちろん、警察に起訴権を分けることは、警察の反民衆的性格が変わらない限り、意味がない。被害者自身として起訴することができる「自訴制度」などを導入し、権力と資本を持っている者が犯罪を犯しても起訴されない司法慣行を制御する。

変革党の提案4
「知る権利」に基づく、労働者民衆の統制を実現

 国家機構と公共機関の重要な情報を、労働者民衆に完全に公開(共有)しなければならず、「知る権利」を「情報基本権」として保証する。重要な情報を公開するとき、労働者民衆が国家の重要政策をきちんと知って議論し判断することができるからである。また、「知る権利」を保障したときに、これを基礎として、労働者民衆が国家の政策立案と執行を統制することができる。すなわち、国家政策の誤りを正し官僚層の恣意的な政策の立案と執行を阻むことで、労働者民衆の意見を国家の政策として立案することができる。
「知る権利」と「統制」の対象は、国家と公共機関を越えなければならない。企業・学校・病院などの公共的な生活と密接に関連付けられている領域の公共情報を公開しなければならず、該当領域の労働者と市民の民主的統制が行われなければならない。

変革党の提案5
人民の自己統治の経験を試みて蓄積しよう

 「人民の自己統治」としての民主主義を実現するためには、労働者民衆が力量を備える過程が必要である。いくら良い制度があっても、人民の自己統治力量がなければ、民主主義は実現可能ではない。労働組合と社会運動組織、草の根組織などの労働者民衆の自発的結社が活性化されなければならない。
自発的組織などの活動と連帯に基づいて、労働現場と地域から労働者民衆の理解を保つための闘争、統制運動、自己統治の実験が活性化されなければならない。これは選挙に限定されない政治、下からの民主主義と個人の生活の質の向上を同時に成し遂げる政治だ。

変革党の提案6
労働者民衆の国家で人民主権の実現

 少数のための経済ではなく、万人のための経済、人間と自然が共存する生態社会を建設するためには、労働者民衆が政治権力の主人にならなければならない。
韓国社会を変革する集約点は政治を変えることで、これは資本の国家を労働者民衆の国家に変えることで完全に実現することができる。韓国社会変革の核心は、階級社会を平等で連帯的な社会に変えることであり、現在の財閥(資本)共和国を人民主権が実現されている民主共和国に変えることである。(社会変革労働者党「変革と政治」第109号より)

朝鮮半島通信

▲韓国を訪問した楊潔?中国共産党政治局員は8月22日、韓国の徐薫国家安保室長と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大が収束後、習近平国家主席による訪韓を調整することで両者は合意した。
▲「浮島丸事件」発生から75年を迎えた8月24日、朝鮮中央通信は「朝鮮人強制連行被害者・遺族協会」報道官の談話を発表した。談話は、同事件の被害者、遺族に対する日本政府の謝罪と賠償を要求した。
▲朝鮮労働党中央委員会第7期第17回政治局拡大会議と朝鮮労働党中央委員会第7期第5回政務局会議が8月25日、党中央委員会本部庁舎で行われ、金正恩党委員長が参加した。
▲韓国銀行は8月27日、今年の経済成長率見通しを実質でマイナス1・3%に引き下げると発表した。同日開かれた金融通貨委員会では、政策金利が年0・5%維持に決定された。
▲朝鮮中央通信は8月28日、金正恩党委員長が台風8号で被災した黄海南道を訪問し、被害状況を確かめたと報道した。

コラム

谷川岳

 鎌倉に出向くたびに立ち寄る腰越の割烹「旬魚菜しら川」には、他の店ではあまり置いていない銘酒が数多く取りそろえてある。会津でもなかなか呑むことができない「飛露喜」などはその最たるもので、一合八〇〇円台という安さ。
 もちろん腰越漁港で獲りたての生しらすなど魚介類の酒の肴も豊富で呑み助にはたまらない店だ。その銘酒の中に「谷川岳」という銘柄があった。あの上越の名峰谷川岳から、その名をとった酒で、超辛口純米日本酒度+8とあった。値段も一合六九〇円という手頃さである。そういえば「八海山」しかり、「巻機山」しかり上越には山名に因んだ酒が多い。いずれも淡麗辛口で、春の雪解け水を思わす旨さだ。
 閑話休題。今回のこの原稿で酒の話を書くわけではない。「谷川岳」を二合所望し、小アジの南蛮漬けを肴に、今から四七年前、頻繁に谷川岳に登っていたことを思い出したのだ。当時、高校山岳部の部員だったボクはありきたりな登山に物足りなさを感じ、いつか遭難者が世界一多い故「魔の山」と称される谷川岳に登ってみたいと考え、ガイドブックや地図を買い込んでいた。たぶん高校二年生のころだったと思う。誰と登ったのかは記憶にない。憶えているのは土日を利用し、学校にも内緒で、当時走っていた高崎〇時四八分発の長岡行普通電車に乗り込み登山口の土合駅を目指したのだ。
 車社会の今と違って谷川岳登山はこの上野発の夜行列車が定番で、それこそ客席はいつも満席状態だった。土合駅には、午前二時四九分に着く。新清水トンネルの地下七〇メートルに位置する下りホームは、ザックを背負った登山者でまるでラッシュアワーのような喧噪ぶりだった。そこから地上まで一直線に伸びる四六二段の階段には度肝を抜かれた。もうここから谷川岳登山が始まるのだ。
 改札口まで一〇分くらいはかかったように思う。そしてここから西黒尾根の取り付きまで国道二九一号を、ヘッドランプを点けて歩くこと二〇分。現在は、谷川岳ロープウェイを使い天神平から登るのが一般的だが、当時は西黒尾根の急登を登るのがメインルートで、約四時間で標高一九七七メートルの頂上に着いた。つまり午前九時ごろには山頂を踏み、一ノ倉岳、茂倉岳を縦走して土樽に十分下山できたのだ。それからというもの平標山への主脈縦走や雪渓がつまった春のマチガ沢、一ノ倉沢一ノ沢から東尾根など何度登ったか分からないほどだ。
 ここからが本題である。あれは高校三年生の時だった。当時、喫茶店で知り合った他校のひとつ上の彼女がいた。学生運動のことや友部正人などフォークシンガーのことなどいつも話題が絶えなかった。ナターシャセブンのコンサートに二人で行ったことを思い出す。
 そんな彼女は東京の短大に進学することになった。記念にとお互いにプレゼントを交換することになり、ボクは恥ずかしげもなくペアペンダントを贈り、彼女にはボクの希望で『谷川岳挽歌』(安川茂雄編 三笠書房)という本を買ってもらった。サブタイトルに日本山岳遭難史とあるように谷川岳開拓の歴史を綴った山岳書で、今でも家の書架に眠っている。
 そして一年もたったころ彼女から一通の手紙が来た。手紙には、「私、素敵な人ができました」という内容とペアペンダントの片割れが入っていた。俗に言う失恋である。それからしばらくして、ボクは単独で谷川岳に登り、頂上に立つ山頂表示板にボクの持っていたペンダントと彼女から返されたペンダントを掛けてきた思い出が今も心に残る。
 銘酒「谷川岳」が呼び覚ました甘酸っぱい青春の記憶である。  (雨)
 



もどる

Back